働いている女性が多い博多のデリバリーヘルスの求人情報について

デリバリーヘルス(デリヘル)の仕事はニーズも多く、求人もとても多いですね。今回はデリバリーヘルスの仕事の特殊性について説明したいと思います。

まずはお客さまと会うまでの方法です。ファッションヘルスの場合は下着姿でプレイルームでの待機が多いです。そうすればお客さまがやってきてくれます。

しかしながらデリヘルの場合は、女性コンパニオンがお客さまの自宅やホテルへ出かける必要があります。お客さまと外で逢うのですから、雰囲気を大事にするためにお洒落な服装をしなければなりません。

出会う迄のパターンもいろいろバリエーションがあります。夜の場合は店舗が専属で雇っているドライバーの男性がお客さまの自宅や指定したホテルまで送迎するケースが多いです。

日中の場合は、こうった送迎以外に、自分でバスや電車を乗り継いで訪問することも多いです。都市圏の場合は交通網が発達しているのでそれの方が早いのです。

こういった場合は、デート型といって有名スポットや駅で落ち合って、その後ホテルや自宅へ向かうパターンが増えています。デリヘルの仕事の場合は接客と接客のインターバルをどのように考えるかがポイントになります。

仕事の移動ですがお客さまが変わると違う場所になります。タイムロスが生じてきますから多くの指名をもらう売れっ子になると効率よく稼げないデメリットになります。

ですが視点を変えて考えてみましょう。接客と接客との間に必然的にインターバルがあります。休憩にもなりますし、気持ちの切り替えをしてリフレッシュタイムにもなるというメリットと考えることもできます。

店舗型に風俗の場合は苦手なお客さまで気持ちが落ち込んでいても気分転換ができません。ですがデリヘルの場合は多少気持ちが凹んでも移動している間に景色を眺めたりできます。

それによって気持ちを立て直すこともできるでしょう。次の接客までに時間の余裕があることもあります。ファーストフード店によったりコンビニによったりと買い物や寄り道も自由です。

サービス業務はヘルスプレイでファッションヘルスと同じく、本番はなしで手コキ・フェラ・素股・熱いキスなどで射精させることです。

移動のインターバルが効率が悪いと考えるのか、それとも気持ちをコントロースするのに好都合と考えるかによってデリヘルの求人に応募するかどうかを決めてもいいでしょう。

コメント投稿は締め切りました。